カテゴリ:Work( 7 )

最近の仕事の基本は、「なぜなぜ5回」である。
IT系の仕事でありながら、生産性向上と品質向上がやっぱりテーマで、
結局のところ世の中のリファレンスは、トヨタ様。

トヨタ様の業務改善の基本は、「なぜなぜ5回」

似たようなもので、RCA (Root Cause Analysis)というのもあり、
これも「なぜ」を繰り返して、根本原因を分析する手法である。

でも正直5回も「なぜ」を考えるのは、結構しんどい。
大体2、3回で諦めたくなるけど、ここはぐっとこらえて5回以上やらんと駄目らしい。

そんな心境の日々である…008.gif
[PR]
by hiromorz | 2008-11-26 23:05 | Work
連休明けの今日のお仕事。
何だか煮え切らない人、煮え切らない事が多く、「堪え難し」でございました002.gif

東山の金さんが必要かも。いや、水戸黄門か?003.gif
[PR]
by hiromorz | 2008-11-25 22:03 | Work
面白いサイト見つけました。
全日本ご不満放出選手権
不満もこのくらい面白くぶちまけると、良いかも知んない003.gif
[PR]
by hiromorz | 2008-11-18 19:23 | Work
色々書きそびれていた事を思い出しつつ、今日は仕事ネタです。

今年、自分の部署に新人が入ってくるということは、先日書いたかと思いますが、
今日はその本当の新人ではなくて、去年まで新人だった、やっと初めての後輩が出来た社会人2年目の若者達の話です。

今担当している仕事は、この年代の担当者が何人かいるのですが、
みんなスキルのレベルはかなり高いです。技術者なので、技術のスキルが高いことは良い事ですね。それはそれで、関心するし、頼もしい限りです。066.gif

ただ、一人の人間としてみた場合に、かなりクセが強いというか、
かなり「自分」を確立してしまっていて、人としての柔軟性やバランス感覚が、
不足しがちに思えますね。まあ、あくまで私の主観ですが。

で、基本的に熱血先輩タイプの私は、色々とアドバイスをしたり、
そのクセの部分を指摘してみたりするのですが、「はい!」と返事は良いものの、
一向に直そうとする様子が見えません。直さないなら直さないと、
はむかって来るならまだしも、返事だけは良いので質が悪いですね・・・008.gif
要は、扱いにくい002.gif

こんな事を思いつつ、自分がもう中堅になって来てしまったんだなという寂しい思いと、
世の中どんどん変わってるんだよなという焦りも感じますね。
でも、この方向で良いんだろうかなぁ??032.gif
[PR]
by hiromorz | 2008-04-11 00:46 | Work
「想定内」と「想定外」。

今渦中の方は「想定内」発言で話題になりましたが、
この事件や最近の身の回りの出来事を思い返してみると、
「想定外」の時の対応こそ、その人の力がはっきりと分かりますね。

私の職場でも、「想定外」の状況に、的確かつ誠実に対応できる人間というのは、
あまりいないように見受けられます。
そういう方って、そもそも想定の範囲そのものが狭いという気もしますが。

渦中の方は、この「想定外」の出来事にどう対応するのでしょうか。
勉強させてもらいたいですね。
[PR]
by hiromorz | 2006-01-22 01:56 | Work
どんな仕事でも、大小問わずプロジェクトが結成されて、色んな人が携わって実行されていきますよね。
で、どんなプロジェクトでもプロジェクト計画を立てた人なりチームなりがあって、それに基づいてその人なりチームあるいは、他の人なりチームが実施してくわけです。

今携わっているお仕事も、どこかの誰か(チーム)が立てた計画に従って、私みたいな小人さんたちがせっせと実施しているのですが、この計画ってのが非常に微妙なんですね。
微妙って言うのは、つまり、無理がいっぱいという意味なんですが、新年早々、この計画のために非常に目まぐるしい感じです。

計画通りに進めるのが、プロジェクト・マネージャの仕事ではあるのですが、計画に疑問を感じちゃうとモチベーション的に辛いです。

終わるんだろうか。。。。

すいません。個人的な愚痴で。
[PR]
by hiromorz | 2006-01-10 00:31 | Work
先日、仕事上の後輩が、私のちょっと一言に、とても感銘を受けたと言ってくれました。

仕事をするようになってから、こういうことを面と向かって言われたのは久々でしたので、
自分自身も正直嬉しかったです。

彼に話した内容は、およそ下記のような話でした。
私は今、仕事上のスタッフが7名いまして、日々そのスタッフの仕事振りを見ながら、
ある大きなプロジェクトの中の小さなサブチームを運営しています。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
社会人なり立ての新人さんは別として、
1つ2つのプロジェクトの経験がある人が集まった場合、
チームが効率よく仕事をしてくれれば、
納期は守れるし、品質も満足行くレベルの成果をあげることができる。
そこで「僕が出来ることは交通整理と同じだ」と思う。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

それなりに責任感を持ったいい大人が集まって仕事をしている場合、
各人がきちんと力を発揮すれば自然と良い物が出来ると思うのです。
でも、あくまで人は人なので、感情的な部分が先行する場合や、
利害関係が衝突する場合が有ります。
そんな時、リーダーができることは、それらの整理をしてあげること。
各人の良い所がバランスよく引き出せるように、してあげること。
そう思った時に、うまく表現する言葉を探したら「交通整理」だったわけです。

世の中の大人の皆さんには、「何だ当たり前だよ!」と言われそうですが、
こういう話を真面目に聞いてくれる後輩が居て、
僕は幸せだなと思いました。
[PR]
by hiromorz | 2005-12-10 13:18 | Work
←menuへ