GPSレーダー探知機

僕は、3年程前から、車にはGPSレーダー探知機を付けるようになりました。
それまでは、「走り屋」的なイメージが強く、「普通の人は付ける物ではない」という、
比較的ダークなイメージの存在だったのですが、
折角の高性能車を安心して乗るためには、いつしか欠かせないものになっていました。

心の保険のようなもので、実際にはこれをつけていても、
警察にお世話になるときはお世話になってしまうのですが、
付けていないと落ち着かないので、付ける事にしました。

今回は、ユピテルのF555iという、今では型落ちのモデルを選びました。

f0000135_2142376.jpg


ソーラー式の一体型は、大きくて、いかにも「つけてます!」という風貌が嫌いだったので、
今回は、セパレート式を選びました。今では有機ELディスプレイをつけたモデルがありますが、
ちょっと「やりすぎ」感があったので、悩んでいましたが、手頃なお値段で出ているのを発見し、
購入となりました。

今日、代休を利用して、およそ2時間かけて装着しました。
センターコンソールのアルミパネルを外して、中から電源を取るなど、
かなり大掛かりな作業になりましたが、結果的には、かなり完成度高い仕上がりです。
こういうのも何台かやっていると、慣れてきますね。

消費電力が大きい機械ではありませんが、電気関係なので、
しばらくは漏電がないかどうかなど、気にしておかなければいけないかな、と思っております。

取り付け完了時、もう外は真っ暗だったため、写真の掲載はまた後日。

取り付け作業の感想としては、このE90/91の内装は、意外なほど内装の構造がシンプルで、取り外しや取り付けが容易な方だと思いました。ただ、やはり予備知識があってこそで、色々なblogサイトから情報を事前に入手できて、本当に助かりました。感謝です!
[PR]
by hiromorz | 2006-02-09 00:00 | Car
←menuへ