車選び④

やっぱりドイツ車が欲しい。そう思いながらしばらくはWebで各メーカーさんのページを徘徊していました。それこそ毎日、見ていました。

そんな中、やはり気になるのは、BMWでした。
これは、営業氏の印象も良かったことも理由の一つです。この営業氏は、私が訪問した数日後に自宅へ手紙を送って来ました。それは、彼の自己紹介から始まって、BMW車の魅力について、彼なりの意見が書いてあるものでした。

そこで、営業氏へメールを入れてみました。
1、2回のやり取りで、X3と325の試乗をすることが決まりました。

去る11月13日。

BMW Squareへ2回目の訪問です。
前回、アルファロメオの試乗の後、いつもの車と比較してゲンナリした教訓を踏まえ、なるべくニュートラルな状態での試乗をするため、今回は自転車で出陣です。

まずはX3の2.5に試乗します。
私が気にしていたのは、足回りが固すぎるのではないかということと、エンジンのパワー不足でした。
実際どうだったかと言うと、足回りについては「これ以上やわらかいのは、かえってマイナス印象になるだろう」と思うような出来で、ステアリングのフィールを含めて、納得いく出来でした。
しかし、エンジンのパワーは、「十分」ではあるけれど、私がBMW車に求めているような滑らかでパワフルな印象は得られませんでした。
SUV同士で他車と比べれば小さく軽い部類に入るX3ですが、他のボディタイプと比べると、大きく重いことは変わりないということですね。

次に、325です。
試乗車は、325i ダイナミックパッケージで、シルバーのエクステリアに、ブラックのインテリアというものでした。
シートがスポーツシートであったり、若干車高も低いこともあって、X3の後に乗ると、非常にスポーティーな印象です。
走り出しで思ったのは、「ステアリングが重い」「塊感のあるしっかりしたボディ」「ふけの軽いエンジン」といった感じ。
やたらと警察の方が多く出ている日だったので警戒しつつ、ステップトロニックをマニュアルモード側に切り替えて、2速で引っ張ってみました。「おぉ。すごい滑らか。」「エンジン音がすごーく気持ちいい」しかも「思ったより速い」。
それもそのはずで、このエンジンは2.5Lでありながら、218馬力もあります。
以前乗っていた、我が家のドイツ製MB車セダン(3.2L)と同じパワーを、2.5Lで実現しています。(「いやぁ、技術の進歩は素晴らしい。」)

X3と325、トータルで2時間くらいの試乗になってしまいました。
長々と付き合っていただいた営業氏に感謝です。
試乗の後半は、「3シリーズ、良いですね。」「非常に気に入りました」と感想を伝えると、営業氏は「いやぁ、分かって頂いて嬉しいです。」とのこと。

「こりゃあ、BMW買うしかないかな。」
[PR]
by hiromorz | 2005-11-16 20:08 | Car
←menuへ