Carreraの初見

新年度最初の投稿ですが、完全に独り言の世界です・・・。

先月中旬に納車された、Carreraですが、やっとこの週末にきちんと乗ることができました。
左ハンドルだし、6MTだしで、ドキドキでした。

雑誌などでもよく言われている事ですが、BoxsterのMRのバランスの良さと比べると、
Carreraは明らかに後ろが重く、走る・曲がる・止まるのすべての動作で、
今まで感じたことの無い感触を私に伝えてきました。
特に、『曲がる』については、とても不思議な感覚があり、確かにシャープで且つ安定感のある
曲がり方をしますが、その車の向きの変え方とか、ロールの仕方とか、ハンドルに伝わる感触、
そういったものは、今までに乗ったどの車とも違う、非常に独特な世界があると思います。

もちろん、以前も書いたように、Carreraを半日、Carrera4Sを半日試乗していますので、
そういった時にも同じような感触はあったはずなのですが、
少なくともBoxsterには4年、BMWは1年ちょいという期間 乗り続けていたわけで、
そういった車の感触が、自分の中に染み付いていたということを、強く感じました。

たぶん、今の感触では、私はCarreraを30%程度か、それ以下しか理解できていません。
これが70%、いや80%程度になれば、さらに素晴らしい感触と一体感をもたらしてくれるでしょう。そうなると、きっと100%を目指して、抜けられない911の世界に嵌ってしまいそうです。
そうなる日が、非常に楽しみに感じました。



ちなみに、Carreraの後に乗ると、BMWは、非常に優等生ですね。
ただ、それは、誰でもそれなりに走らせることが出来るという意味も、一部にはあるわけで、
何か、1つでも突出した所とか、癖みたいなものがあった方が、もっと良いのにと
思ってしまったりするわけです・・・。
現状だと、ランフラットの硬い感触というのが、何とも言えない独特の感触があって、
それが1つの個性になっているように感じます。
前後バランスの良い、FRの絶妙なハンドリングで、硬いランフラット・タイヤで地面を蹴り付けて曲がって行く、そんな中速コーナーが、非常に楽しかったりします。

私の嫁にも、こういう車を思うように走らせるということの喜びを、感じられるようになって欲しいです。
目下、彼女は、取扱説明書を勉強中・・・。
[PR]
by hiromorz | 2007-04-03 01:23 | Car
←menuへ