入院

カーナビ治療のため、本日、愛車が入院となりました。

まずは電装屋さんへ運ばれ、診断。
その後、カーナビを取り外してメーカーへ送るようです。

メーカーへ送られてしまうと、おそらく車は一旦戻ってくるでしょうが、
カーナビは装着されていないか、中途半端に画面だけが残っているような状態になると予想されます。
そんな状態で、あんまり乗りたくないなぁ・・・。

ちなみに、不具合が出たシチュエーションには、共通点があります。
それは、強い電波が降り注いでいるエリアを走行した、ということ。

初回は、成田空港。今回は、東京タワー。

外車の日本での走行テストでは、必ず東京タワー周辺での電装関係の確認
というのがあるそうですね。
強い電波が、やはり電装関係に悪影響を与えるそうで、出ないはずの警告が出たり、リモコン・キーが機能しなかったりするそうです。
ちなみに、BMWの325のリモコン・キーは、一発では反応しませんでした・・・。

日本の電機メーカーは、世界の中では、こういう電装関係が得意なはずだし、
東京タワー周辺でのテストも必ずしているはずなのですが、
何でこういう基本的な機能に不具合が出るんですかね?パナ○ニックさん。

今回、治療にあたる電装屋さんは、一応、パナ○ニックさんの正規販売店のようなので、
メーカー共々確実な治療を期待したいと思います。
[PR]
by hiromorz | 2007-01-14 21:05 | Car
←menuへ