Water leakage trouble

うちのE90 335iは、この12月で新車納車から4年3ヶ月が経過し、走行距離が24,000kmを少し超えました。これまで車の基本的な部分でトラブルはありませんでしたが、初のトラブル発生です。
今日の午後、クリスマスの買い出しに出かけるため、冷間始動した時に「ポーン」♪。「また、リモコンキーの電池が切れそう」とかその手の警告だろうと思った所、どうもいつもと違う画面が・・・。
i-Drive画面に表示されたメッセージによると「冷却水が不足しています」とのこと。こんな年の瀬にトラブルなんて困ったなぁと思いながら、担当の営業氏に電話を入れます。商談中だったのか携帯は留守電になってしまったので、一旦諦めたところ、数分後に折り返しで電話があり状況を伝え、とりあえず水を足して様子を見ることに。とは言え、行き先が極近場で片道10分程度の所だったので、まずは補給せずに出発してしまいました。
そして、目的の買い物を済ませて、10分程度の走行時間とは言え、若干エンジンが暖まった状態で再始動すると、今度は警告は点きませんでした。再び10分程度の走行で帰宅し、気になったのでボンネットを開けて中の様子を確認した所、小さい音ですがどこからかプシューという音が・・・。音の発生元を探すと、見事に冷却水のリザーブタンクから水漏れしているのを発見してしまいました008.gif



こちらがその様子をおさめた動画です。エンジンは停止した状態で撮っています。往復20分程度の走行後で、油温計は80度くらいを指した状態でエンジンを停止して5分後くらいに撮った物です(E90は水温計が無いので水温は不明なため、メーターから読み取れる油温を参考までに記載)。日が落ちて暗い状態で手元でライトを照らして撮ったため、分かりづらいと思いますが、タンクの右側の継ぎ目から小さく泡を吹くように漏れています。タンクの側面などに見られる白い斑点のような物は漏れた冷却水が乾いた跡ですね。奥に見えるシャシーの一部(白い部分)には水色の液体が少し溜まっているのが見えまして、これは漏れた冷却水その物ですね。この様子だと、もっと長距離を走ると、水温ももっと上がって圧力も掛かると、もう少し勢いよく漏れそうな気がします。
Untitled
再び営業担当氏に相談の電話をしましたが、悲しいことに再び留守電に。こういう時の留守電って、何だか寂しいですよね002.gif。また数分後に折り返しがあり、状況の説明と整備工場への入庫の相談をしたのですが、残念ながら私の年内の予定と整備工場の予定が全く噛み合わず。結果として、このまま水を足したりしながら年始まで凌いで、年始に入庫・修理ということに一旦なりました。これまでいろいろな車に乗りましたが、水回りのトラブルはこれが初めてなので、この状態をどの程度ごまかして乗り続けられるのかの感触がよくわからず、少々不安です。大丈夫かね!?

<<2015.12.24. 追記>>
朝、家族を車で送迎する用事が出来たので、念のため冷間でリザーブタンクのふたを開けて水位を確認した所、目視では水面が確認できない状態でした。そこで、念のため水量がはかれるように大きめの計量カップを使用して水を補給した所、およそ900ml入りました。ネット検索によると、およそ1Lの不足で警告灯が点くとのことなので、おおよそ正しい状態ですね。参考までに、うちのE90 335i (N55)のリザーブタンクは、水量を表すためによくあるフロートはなく、キャップを開けて覗き込むと最大水量を表す"MAX"と書かれた黄色い輪っかのような物がありました。なので、そのMAXの輪っかに水がかぶるくらいまで、水道水を補給しています。
その後、家族の送迎を終えて帰宅後、エンジンをかけた状態でボンネットを開けて見てみた所、今度はタンクの継ぎ目だけでなく、タンクの下に接続されたホースとの継ぎ目からもしっかり漏れてました・・・。よく見ると、タンクとホースを接続する部品が樹脂製なので、亀裂が入っているのかもしれません。
Untitled
[PR]
by hiromorz | 2015-12-23 22:04 | Car
←menuへ