Trouble was fixed.

先週の土曜に入庫した車が、修理を終えて戻ってきました。

冷寒始動時だけ異音がするという、直す側からしたらきっと面倒だろうと思うトラブル。
しかし、BMW東京のメカニックさんは、ちゃんと直してくれたようです。

どこをどう直したのかというのは、また時間が出来た時に書き直しますが、
エアコン関連とステアリング関連に手を入れてくれたみたいです。
そして、保証期間内なので修理費はかかりませんでした。
もし払ったら結構な工賃を取られそうな内容でしたので、ありがたいです。




しかしまあ、ディーラーで受け取った車には、左のフロントフェンダーに鳥の糞が…。
付いている事を指摘したのですが、洗車をすることはできそうにない様子だったので、
一応確認したところ「拭き取りになります…(汗」と。
仕方ないので、自宅に戻ってからプレクサスで拭き拭きしました。
鳥の糞は不可抗力だから仕方ないですけど、ちょっと微妙なやり取りで残念でした。
ちゃんちゃん♪

後日追記:
修理箇所を列挙すると下記のようになります。
・インストルメントパネルボトムトリム右交換
・ヒーター/A/C操作パネル脱着
・右足元エアコン用フラップにグリス塗布
・ステアリングのロアブーツ接合面に給油

おそらく今回の主な異音発生もとは、エアコン用フラップでしょう。
という事は時間とともにまた鳴るかもしれませんね。
[PR]
by hiromorz | 2012-12-08 13:30 | Car
←menuへ